司法書士合格 飯高様

■ 厚木店の見学・ご利用予約はこちら。まずは見学からどうぞ。

司法書士 飯高様

司法書士合格 飯高 継之 様

利用店舗:厚木店
利用期間:4月 – 11月(8ヶ月間)
利用席/コース/エリア:エコノミー/フィックス/サイレントエリア

試験の100日前からはじめました

Noriben(以下N): 今日はお忙しいところありがとうございます。早速ですが、ノリ勉をご利用いただいていたのはいつからいつまででしたでしょうか?
Iidaka(以下I): 4月から11月まででした。8月に司法書士の発表が出て、9、10、11月と宅建(宅地建物取引主任者)の勉強をしていました。
N: 司法書士の試験は7月ですよね?4月にノリ勉に来る前はご自宅かどこかでやってらしたのですか?
I: いえ、それまではブランク期間で勉強はしていませんでした。実はその前に司法書士を目指して勉強をしていたことがあったのですが、一度あきらめて別のバイトをしていました。塾の講師とかユニクロのTシャツ詰めたりとか。で、やっぱりもう一度だけやってみようかと思って、試験の100日前の4月から始めました。塾の講師も3月で区切りがついたこともあります。
N: では3ヶ月の勉強で受かったんですね?
I: それまで2回受けていましたし、1年間みっちり予備校に行っていた期間もあるので3ヶ月だけというわけではないです。
N: なるほど。で、司法書士の合格発表は8月ですか?
I: いえ、9月です。その後10月に口述試験があって、それに受かれば合格です。
N: その間、時間があったから宅建を勉強されていたわけですか?
I: はい。ちょうどやることもなかったので。司法書士 飯高様
N: 司法書士を受ける方は宅建を受ける方も多いのでしょうか?
I: 多いとは思います。科目も被りますし、実際の業務をする時にも司法書士と不動産の人はいっしょにやることが多いですから。僕は宅建落ちちゃったんですけど(苦笑)。
N: え、そうなんですか。行政書士は受けなかったんですか?
I: はい。受けませんでした。

集中は音楽を聴きながら

N: ノリ勉を使っていた時は毎日何時くらいからご利用されてました?
I: ここのオープンて6時ですよね?6時10分くらいには毎日来ていました。もう一人早い方がいて、いつもどちらかが1番という感じでした。来ると、まずは休憩室でご飯を食べて、ベランダに出て、空を見て「よしやるか!」と自習室に入っていくというパターンでした。
N: その後は午前中みっちりやると?
I: はい。午前中に集中してやるタイプなので。午前にリズムを作れば後は惰性で21時くらいまで続けられました。
N: では大体毎日6時から21時くらいまで勉強されていたのですか?
I: そうですね。たまに閉室時間の23時半までいることもありました。
N: 6時からですか・・・。
I: 実質始めるのは7時くらいですけど。そしてお昼ご飯はほとんど箱根そばでした(笑)。
N: そうみたいですね。
I: 大事な試験とか模擬試験の前はカツ丼セットを食べて。
N: やはり(笑)。
I: しばらくして富士そばができたんですけど、僕は絶対に箱そばでした。神奈川県民ですから応援してます!

N: 集中はすぐに出来る方ですか?
I: そうですね。僕の場合は音漏れはしないように気をつけていたのですが、曲を聴きながら勉強していたんです。
N: ちなみにどういう?
I: オアシスが多かったですね。それで、集中してくると音が聞こえなくなってくるんです。聴き始めは音を追ってしまうのですが、そのうちにスーッと聞こえなくなる。
N: スーッと。
I: たぶんそれがスイッチだったんでしょうね。僕は耳栓はあまりダメだったんですね。音楽を聞き出したらやりやすかった。

ひとつの問題集を30回やりました

N: 午前と午後では勉強する科目は分けていました?
I: 午前は主に暗記系をやって、午後に演習ということが多かったです。覚えることが苦痛だったので早いうちに。午後は眠気とかがやはり来るのでアウトプット系のことをやるようにしていました。
N: 午後の方が長いですよね?その間も途切れずに続けられたのですか?
I: たいてい昼寝をしていました。寝たい時は机に突っ伏して寝てました。
N: オススメの参考書ってありますか?
I: 僕が使っていたのはWセミナーが出している「司法書士直前チェック」という1問1答式の問題集を使っていました。
I: それと六法全書を読んで、直前チェックやると。
N: ではあまり荷物はなかったのですか?
I: 一応過去問とか問題集とかテキストはロッカーに入れていたのですが、100日しかなかったので。1日10時間として100日で1,000時間。これをやり遂げれば僕は受かると思っていました。でもその時間でやるには絞らないとできないなと。同じものを繰り返し繰り返し。
N: 何回くらい繰り返されたのですか?
I: 20回とか30回とかでしょうか。
N: !!その1問1答を。
I: はい。できなかった問題にはxをつけて。
N: で、xが多い問題は苦手な問題だと。
I: そこを重点的にやりました。多い問題だと50回、60回くらいやったのではないでしょうか。それでも覚えられない問題とかあったので、それを紙に書き出して貼ったりしていました。ノリ勉の机は3方向壁に囲まれているので書き出したポストイット貼れて便利でした。で、覚えたら捨てると。白い壁が使い勝手よかったです。午前中は左の壁、午後は右の壁というように使い分けていました。
N: 家には寝に帰るだけですか?
I: はい。夜も箱そばで食べて(笑)。家には帰って風呂入って寝るだけでした。

ノリ勉を見つけて「これはいけるかもしれない」

I: 司法書士をもう一度受けようと思った時にやるべきことは自分の中で決まっていたんです。でもやる環境がないな、と。横浜の予備校には自習室があったのですが、厚木近辺から横浜まで行くのは時間的にも体力的にもロスが大きいですよね。どうしようかと思っていた時にたまたまノリ勉を見つけて。おぉ!これは絶対いい!と思ってすぐに見学をしたら、またピーンとくる席が空いていて。その時に「これはいけるかもしれない」と。あとはここでガムシャラにやればいけるな、と。
N: で、見事いってしまったと。
I: それはタマタマでしたけど、今から思うと。
N: いやいや、たまたまではないです。合格された後はどうされたのですか?
司法書士 飯高様I: 1月には合格者全体で行われる研修があって、東日本と西日本の2つに分けて2週間泊り込みでした。その後はもう少し細かく分けて2ヶ月の研修でした。3月末までですね。6月に小額訴訟の試験があって、これに受かると裁判ができるようになります。それを受けた時にもノリ勉を借りてました。その時は仕事をしていたので仕事終わりに寄って閉室時間まで勉強というパターンでした。21時くらいから23時半までですね。
N: そして合格。すごいですね。
I: 同じ席が空いていたので「ここでお願いします!」と(笑)。

司法書士になって充実してます

N: 就職は簡単に決まったのでしょうか?
I: 以前、派遣会社を通じて司法書士事務所でお手伝いしていたことがあって、そこの方に合格を報告したら「じゃあ紹介したいところがあるから」と今の司法書士事務所を紹介してもらえました。
N: とんとん拍子ですね。司法書士さんは今、就職はいいんでしょうか?
I: 僕の同期では困ったって人は聞かないですね。司法書士は合格者数を増やさないんですね。パーセンテージを保っている。
N: なるほど。今はどんな業務を担当されているのですか?
I: 不動産登記がほとんどです。法人登記などもありますが、9割が不動産登記ですね。
N: いいですね。司法書士さんになられて充実していますか?
I: そうですね。安定していますし、親もホッとしていると思います。扱う金額が大きいので非常に緊張しますし責任は重いんですが、その分やりがいがあります。

I: 実は大学時代は旧司法試験に挑戦していたんです。で、司法改正の時にあきらめて。その後、別の仕事をしていたのですが、ある時司法書士事務所で働く機会に恵まれて。その先生にお世話になって、あ、こっち(司法書士)を目指そうと思ったのが方向転換のきっかけです。そこから受けるまで4年かかりましたが。
N: 僕の中ではパッと現れてパッと合格して行ったイメージがあったのですが、いろいろあるんですね。
I: 一度司法書士も諦めていたのに、もう一度やろうと思ったのは、塾の講師をしていた時に子供に「やれば受かるからガンバレ」と言っていたんですね。そして子供は合格していく。でも自分は合格していない。子供の姿に勇気付けられて再チャレンジしたというのもきっかけの一つです。

やる気さえあれば、ここで夢はかなうんじゃないかな

I: ノリ勉は立地がよかったです。駅からすぐですし大通りですから。僕は夜やるタイプではないので営業時間も6時から23時半でちょうどよかったです。あと、ここで出会った人はみんなやる気があって非常に影響を受けました。迷っている人はまず来てみて見学されるのがいいのではないでしょうか?東大の合格者も出てますし。
N: 司法書士さんも出てますし!
I: いやいや。慶応、早稲田も出てますし、横浜もすごいですもんね。環境で言えば特Aクラスだと思います。喫茶店とかは言うまでもないですが、予備校の自習室や図書館などと比べても格段に捗りますね。お金を払う価値は絶対にあります。やる気さえあれば、ここで夢はかなうんじゃないかなと。
N: お!いい言葉ありがとうございます!夢をかなえた人が言うと言葉の重みが全然違いますね。これからも次の目標に向けてがんばってください。ありがとうございました!

相変わらずのいい人ぶりですごく癒されたインタビューでした。横浜でお勤めとのことなので、また集中が必要な時には横浜店に寄ってくださいね!

■ 厚木店の見学・ご利用予約はこちら。まずは見学からどうぞ。


ノリノリ勉強室ではインタビューをさせていただける目標達成者を募集しています。あなたの言葉に勇気をもらえる人が必ずいます。ぜひ現在目標に向かっている方に経験をシェアしてください。

[`evernote` not found]
LINEで送る